マネークイズ
マネークイズ
マネークイズ > カードローンの審査内容や審査基準

カードローンの審査内容や審査基準に関係するクイズ

カードローンの審査内容や審査基準に関係するクイズですが、カードローンの審査はどこも一緒であるというのは〇か×か?
その答えは、〇でもあり×でもあるのです。
そんな答えではクイズにならないという方もいるでしょうが、審査内容の基本的な考え方はどこも一緒といえます。
しかし審査基準・判断は各企業によって違うのです。

カードローンの利用申し込みをする時には、どこの金融機関でも審査をして貸付しても大丈夫なのかを判断します。
それは、どこの金融機関でもカードローンで貸付することで利益を得るのですが、その反面で返済されない場合のリスクを最小限にする必要があるからです。
その為、申込者の現在の借金はいくらなのか、収入はいくらなのか、過去の借入・返済の履歴はどうなのかを調査して、貸付しても将来的にきちんと返済していけるのかどうか判断するのです。
こうした審査の基本的な考え方は、どの銀行でも信用金庫でも消費者金融であっても大きな違いはなく、基本的にはどこの金融機関でも審査に関する考え方は一緒と言えます。

しかし、審査の方法・審査内容・審査基準に関しては、金融機関により違いがあります。
その証拠に同じカードローンの商品で、金利や上限限度額も類似しているのに、A社では審査が通らなかったのにB社ではカードローンの利用ができたということは普通にあるのです。
では、どうしてそのようなことがあるのかというと、審査基準をどうするかによって、各金融機関における利益が大きく左右されてしまうからです。

審査基準・審査内容を極端に厳しくすると、貸し倒れのリスクは減少しますが、その一方で申込み者も減少して利益が減ってしまいます。
一方、審査を極端に甘くすると申込者は増えるのですが、貸し倒れが起こる可能性は大きくなってしまい利益が減少するだけでなく、経営危機に直面することも考えられるでしょう。
その為、信用によって金利を変えたり、利用額を抑えたりしてリスク回避をしているのです。
ですから、各金融機関で審査に違いが発生してくるのです。